福島市 栄町 歯科医院 インプラント 矯正歯科 ホワイトニング 矯正 歯科

 
   
HOME
院長紹介
院内紹介
インプラント
矯正歯科
銀歯にしたくない方
ホワイトング
虫歯治療
アクセス
サイトマップ
 
金属を使わないメタルフリー治療
歯科医院で治療した歯に使われた金属が原因で金属アレルギーになる方がいらっしゃいます。皮膚の湿疹、かぶれ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、関節痛、慢性疲労は、金属アレルギーが原因かもしれません。
金属アレルギーの方や銀歯が気になる、銀歯にしたくない、という患者さんのためにメタルフリー治療を行なっております。
●金属を使わない歯科治療
保険に使われる銀歯が劣化すると、唾液でアレルギーの原因物質が溶け出して手足の発疹等の症状を引き起こします。
セラミックスの詰め物・被せ物は銀歯のようにアレルギーの原因物質が溶け出さないため、金属アレルギーのリスクはほとんどありません。
当院では、患者さんの健康を考えて金属を使用しないメタルフリー治療をご提案しております。
●金属アレルギーが気になる方へ
金属アレルギーの症状は、すぐに出る方もいれば、治療からしばらく経って出る方もいらっしゃいます。
金属アレルギーの診断を受けた方であれば、銀歯を外して症状が改善する可能性もあります。これから治療を受ける方で、金属アレルギーのリスクを極力抑えたい方はメタルフリー治療をご検討ください。
●メタルフリー治療のデメリット
金属を使わないためアレルギーの心配もなく、良い治療だと思われるかもしれませんが、保険適用外となりますので自費診療となります。
最適な治療プランをご提案いたしますので、希望される方は、受付時または検査時にご相談ください。
 
 
 
  金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。特に色調や透明感に優れていますので、極めて自然の歯に近いものを再現することができます。前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。
 
 
  セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。
 
 
●ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウンとは、フレームにジルコニアセラミックという非常に強度に優れた素材にセラミックを焼き付けたかぶせものです。オールセラミッククラウンと同様、金属を一切使用していないので、金属アレルギーの心配もなく、金属アレルギーの方も安心して使用できる他、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。強度が強いので使用する部位を選びません。セラミックの審美性と金属の強度を併せ持った、現在では最良の素材です。
 
ジルコニアセラミッククラウン治療症例 [CASE1]
     
術前   術後
     
   
    拡大
 
ジルコニアセラミッククラウン治療症例 [CASE2]
     
術前   術後
 
 
 
●オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンは、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。金属を一切使用しないことで、金属アレルギーの方も安心して使用でき、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。強度は優れていますが、使用する部位によっては割れてしまうことがあるので、使用できない場合もあります。
 
オールセラミッククラウン治療症例 [CASE1]
     
術前   術後
 
 
オールセラミッククラウン治療症例 [CASE2]
     
術前   術後
     
   
    拡大
 
 
●メタルボンドセラミッククラウン
メタルボンドセラミッククラウンとは金属のまわりにセラミックを貼り付けた被せ物です。フレームが金属で出来ているので、強度はオールセラミックより優れており、 表面がセラミックで出来ているので、自然な色合いで審美性にも優れています。オールセラミッククラウンに比べると光の透過性が低く、歯ぐきが痩せてくると歯ぐきと被せ物の境目に金属が見えてくる可能性があります。強度に優れているので、セラミッククラウンが使用できない、強度が求められる個所の治療に適しています。
 
メタルボンドセラミッククラウン症例 [CASE1]
     
術前   術後
     
   
    拡大
 
 
●ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミッククラウンとは、硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜたもので作る、天然歯と同じぐらいの強度を持つ被せ物です。オールセラミッククラウンやジルコニアクラウンを使用した場合、材質が硬すぎるため咬む力がかかる奥歯などの場合、咬み合わせる自分の歯を傷めてしまうことがありますが、その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。色はレジン樹脂と混ぜ合わせるため、やや色調が劣り、変色も起こりますが、奥歯の被せ物に最適な素材です。
 
●硬質レジンクラウン
保険適応内で使用できる、フレームに金属を使用したプラスチック製の被せ物です。主に前歯の治療に使用します。(奥歯の場合メタルクラウンを使用します。) 色は白いのですが、強度が劣るため欠けてしまう恐れがあり、使用するうちに、黄色っぽく変色を起こします。
 
●メタルクラウン
保険適応内で使用できる、金属の被せ物です(いわゆる銀歯です)。 強度は優れていますが、接着性が悪いので、日数が経過することで、歯の接着面に隙間があいてしまい、2次カリエスの原因になってしまうことがあります。 奥歯の治療に使用します。※2次カリエスとは一度治療した箇所が再度虫歯になってしまうこと。
 
 
 
 
 
   
  福島市栄町6-6 ユニックスビル2F
  Phone024-522-6876
  福島駅 徒歩1分
 
アクセスマップ
   
  月曜日〜金曜日
  9:30〜12:00 14:30〜19:00
  土曜日
  9:30〜12:00
  休診日 日曜・祝日・土曜午後
 
HOME || 院長紹介 || 院内紹介 || インプラント || 矯正歯科 || 銀歯にしたくない方へ || ホワイトニング
虫歯治療 || アクセス || サイトマップ
Copyright (C) 2007 akatsukadentalclinic. All Rights Reserved